スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ名 : スポンサー広告 |

老若男女を虜にするテニスの魅力とは?テニスにはまる理由

みんなを虜にするテニスの魅力とは一体どこにあるのでしょうか?

まず、テニスは瞬発力とスタミナの両方を使うハードなスポーツです。

しかし、年齢層は広く子供からお年寄りまで行っています。

日本のテニス人口は1100万人と言われるほどです。

日本人の約10人に1人がテニスをしている計算になります。


やはり、一番の魅力は、老若男女に関わらず全ての人が出来るという事です。

ラケットを使ったキャッチボールの様に打ち合う事で、
相手とコミュニケーションをとることができます。

テニスの打球感は打った人全てがわかる楽しさでしょう。

ラケットの真ん中、スウィートスポットと呼ばれる場所でボールを捕らえると
力を入れなくても、体の振りだけでボールが簡単に打てます。

さらに、ボールを強く打てるようになればなるほど
この打球感が増していきます。

ですから、どのようにすれば球が強く打てるのか、
どうしたら自分の思い通りの方向にコントロールできるかなどといった
欲求が湧き、テニスに没頭してしまうのです。


私も、はじめてラケットでボールを打った時の感覚を今でも覚えています。

他のスポーツにはない打球感と打球音がとても心地よかったです。

それから、さらに良い打球感をもとめてボールを打つ日々が始まりました。

ボールを打ち合う事は誰でも出来ることです。

それにより、誰とでもコミュニケーションを取ることができ、
さらにテニスが楽しくなっていくのです。

是非一度、この体験を味わってみてはいかがでしょうか?


次回はテニスが上達することで得られるメリットをお伝えします。



スポンサーサイト

テニスとは一体どんなものなのか?テニスについての説明

テニスとは一体どんなものなのでしょうか?

テニスとはネット越しにボールを打ち合うスポーツのことです。

ボールを打ち合う際はラケットを使います。

昔は木製のラケットが主流でしたが、いまではレアメタルなど
丈夫で軽く、ボールが飛ぶように改良された物が使われています。


一般的にテニスというとローンテニスの事を指します。

ローンテニスとは芝生の上で行うテニスの事です。

テニスが発祥された英国では芝生のテニスコートが多かったからですね。

しかし、日本ではテニスというと硬式テニスとソフトテニスの両方があり、
どちらか曖昧にならないように、言い分けています。

また、テニスの事を漢字では「庭球」と表記します。


テニスは互いにボールを打ち合う競技です。

1対1のシングルスと2対2のダブルスがあります。

トスによりサーブ権を決めて、サーブを打つ人をサーバー、
レシーブを打つ人をレシーバーと言い1ゲーム終わるごとに交代します。

1ゲームは1ポイント取る毎に0・15・30・40と独自の数え方をし
4ポイントを先に取るとゲームを取得できます。

また、このゲームを6ゲーム先に取ると1セット取得となります。

主に、プロの男子は5セットマッチであるため、3セット先取した方が勝ちとなります。
女子であれば3セットマッチであるため、2セット先取した方が勝ちですね。


また、「エースをねらえ!」「テニスの王子様」といったような
漫画やアニメがあるほど人気があるスポーツです。

最近では伊達公子さんが現役を復活したり、杉山愛さんが現役を引退したりと
話題ですね。


次回は、みんなを虜にするテニスの魅力をお伝えします。



練習してもテニスが上達できない理由とは?上達する練習のコツ

テニスが上達しない理由として多く挙げられるのが、
プロの練習を見て同じような練習をすることです。

なぜ、プロと同じ練習をしても効果が出ないのでしょうか?

それは、プロと私たちの体のつくりが違うからです。

プロの練習量をご存知ですか?

史上最強と言われるロジャー・フェデラー選手でさえ、
毎日5時間も練習するそうです。

一般の人が、学校や仕事が終わった後毎日5時間も練習ができるでしょうか?

そんなことをしていたら、体が持ちませんね。

また、プロは基本がしっかりと出来ているからこそ応用した練習が可能です。

基本が出来ていないのにも関わらず
技術ばかりを磨こうとする事がいけないのです。

しかし、基礎ばかりの練習でもいけません。

基礎ばかりですと、試合でとっさの判断ができなくなりますし、
ボールの軌道も単調になってしまいます。


練習をするにしても、どのように練習していいのかわかりませんよね。

しかし、コツさえわかれば誰でも公式試合で勝てるレベルまで
上達することが出来るのです。


無駄な事は覚える必要はないのです。

毎日練習出来れば別ですが、一週間に1~2回の練習で教えてもらった
全ての事を実践できますか?

厳選した重要な事さえわかっていれば後は必要ありません。

自分に合ったスキルを身につけることが重要となります。


では次回も、上達できない理由について答えてきます。




テニスが上達するために必要な体作りとは?

テニスを行う際、どんな体制でもボールを返せる力が必要になります。

しかし、無理な体勢でボールを打つことはけがの原因になりますね。

やはり、けがをしない為にも柔軟体が必要になります。

また、体がやわらかくなるという事は関節の可動範囲も広くなります。

これは、コースの厳しいボールに対しても拾える範囲が広くなりますね。

こんなに、試合が有利になることはありません。


では、どのようにして柔軟な体を作れば良いのでしょうか?

一般的には柔軟体操がありますが、その柔軟体操は本当に正しいものですか?

ストレッチをするにしても正しい方法でしなくては、
体を壊してしまう原因となってしまいます。

そこで、体験者の90%が効果を実感した驚きのストレッチ方があります。


これは、一般の方だけでなく、アスリートやダンサー、格闘家
オリンピック強化選手までもが実践する究極のストレッチです。

生まれつき体が硬いからと諦めていた方でも
その日のうちに効果を感じられることでしょう。

たった3分で立った状態で手のひらが床につけるようになるほどの効果です。


柔軟な体はテニスの上達のみならず、普段の生活でもけがの防止や
関節痛にも効果があります。

安全で楽しいテニスをする為にも柔軟な体は欠かせないものですね。


次回は、よくある疑問「なぜ上達できないのか?」についてお伝えします。



テニスを上達させるために必要な練習方法とは?

まず、テニスを上達する為には練習が必要ですね。

しかし、練習をするといっても初心者の方は何をしていいか
分からない事がほとんどですね。

ですから、正しい練習方法を覚える事が必要になります。


一般的に、テニスはボールを打つスポーツですから
ボールを打つ回数が多いほど感覚も覚え上達するものです。

学生時代の部活でテニスをする際は、毎日決まった時間に
多くの練習をすることができますね。

しかし、社会人になってからではどうでしょうか?

毎日仕事が終わった後に2・3時間も練習はできませんね。

出来るといったら、一週間に1~2回の休みの日に行えるくらいです。

ですから、数をこなす練習では上達は大変な道のりになるでしょう。

どのようにしたら効率よく練習ができるのか、という事がわかっていれば
誰でも少ない時間で上達することは可能です。

しかも、それはたった2つのコツを覚えればいいだけなんです。

これさえ覚えれば、年齢や体力に関係なく公式大会で勝つことも
夢ではありません。

プロの様な練習を同じようにしても、それを再現できる筋肉はありますか?

2つのコツさえ覚えてしまえば、
運動音痴だという方でも1日でテニスの基本をマスターできます。

いままでのショットが嘘のようにショットが決まる感覚を
是非味わってはいかがでしょうか?


次回もテニスが上達する為に必要なことをお伝えします。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。