スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ名 : スポンサー広告 |

テニスが上達するために必要な体作りとは?

テニスを行う際、どんな体制でもボールを返せる力が必要になります。

しかし、無理な体勢でボールを打つことはけがの原因になりますね。

やはり、けがをしない為にも柔軟体が必要になります。

また、体がやわらかくなるという事は関節の可動範囲も広くなります。

これは、コースの厳しいボールに対しても拾える範囲が広くなりますね。

こんなに、試合が有利になることはありません。


では、どのようにして柔軟な体を作れば良いのでしょうか?

一般的には柔軟体操がありますが、その柔軟体操は本当に正しいものですか?

ストレッチをするにしても正しい方法でしなくては、
体を壊してしまう原因となってしまいます。

そこで、体験者の90%が効果を実感した驚きのストレッチ方があります。


これは、一般の方だけでなく、アスリートやダンサー、格闘家
オリンピック強化選手までもが実践する究極のストレッチです。

生まれつき体が硬いからと諦めていた方でも
その日のうちに効果を感じられることでしょう。

たった3分で立った状態で手のひらが床につけるようになるほどの効果です。


柔軟な体はテニスの上達のみならず、普段の生活でもけがの防止や
関節痛にも効果があります。

安全で楽しいテニスをする為にも柔軟な体は欠かせないものですね。


次回は、よくある疑問「なぜ上達できないのか?」についてお伝えします。



スポンサーサイト

テニスを上達させるために必要な練習方法とは?

まず、テニスを上達する為には練習が必要ですね。

しかし、練習をするといっても初心者の方は何をしていいか
分からない事がほとんどですね。

ですから、正しい練習方法を覚える事が必要になります。


一般的に、テニスはボールを打つスポーツですから
ボールを打つ回数が多いほど感覚も覚え上達するものです。

学生時代の部活でテニスをする際は、毎日決まった時間に
多くの練習をすることができますね。

しかし、社会人になってからではどうでしょうか?

毎日仕事が終わった後に2・3時間も練習はできませんね。

出来るといったら、一週間に1~2回の休みの日に行えるくらいです。

ですから、数をこなす練習では上達は大変な道のりになるでしょう。

どのようにしたら効率よく練習ができるのか、という事がわかっていれば
誰でも少ない時間で上達することは可能です。

しかも、それはたった2つのコツを覚えればいいだけなんです。

これさえ覚えれば、年齢や体力に関係なく公式大会で勝つことも
夢ではありません。

プロの様な練習を同じようにしても、それを再現できる筋肉はありますか?

2つのコツさえ覚えてしまえば、
運動音痴だという方でも1日でテニスの基本をマスターできます。

いままでのショットが嘘のようにショットが決まる感覚を
是非味わってはいかがでしょうか?


次回もテニスが上達する為に必要なことをお伝えします。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。