スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ名 : スポンサー広告 |

テニスとは一体どんなものなのか?テニスについての説明

テニスとは一体どんなものなのでしょうか?

テニスとはネット越しにボールを打ち合うスポーツのことです。

ボールを打ち合う際はラケットを使います。

昔は木製のラケットが主流でしたが、いまではレアメタルなど
丈夫で軽く、ボールが飛ぶように改良された物が使われています。


一般的にテニスというとローンテニスの事を指します。

ローンテニスとは芝生の上で行うテニスの事です。

テニスが発祥された英国では芝生のテニスコートが多かったからですね。

しかし、日本ではテニスというと硬式テニスとソフトテニスの両方があり、
どちらか曖昧にならないように、言い分けています。

また、テニスの事を漢字では「庭球」と表記します。


テニスは互いにボールを打ち合う競技です。

1対1のシングルスと2対2のダブルスがあります。

トスによりサーブ権を決めて、サーブを打つ人をサーバー、
レシーブを打つ人をレシーバーと言い1ゲーム終わるごとに交代します。

1ゲームは1ポイント取る毎に0・15・30・40と独自の数え方をし
4ポイントを先に取るとゲームを取得できます。

また、このゲームを6ゲーム先に取ると1セット取得となります。

主に、プロの男子は5セットマッチであるため、3セット先取した方が勝ちとなります。
女子であれば3セットマッチであるため、2セット先取した方が勝ちですね。


また、「エースをねらえ!」「テニスの王子様」といったような
漫画やアニメがあるほど人気があるスポーツです。

最近では伊達公子さんが現役を復活したり、杉山愛さんが現役を引退したりと
話題ですね。


次回は、みんなを虜にするテニスの魅力をお伝えします。



コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。