スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ名 : スポンサー広告 |

テニスが上達するために必要な体作りとは?

テニスを行う際、どんな体制でもボールを返せる力が必要になります。

しかし、無理な体勢でボールを打つことはけがの原因になりますね。

やはり、けがをしない為にも柔軟体が必要になります。

また、体がやわらかくなるという事は関節の可動範囲も広くなります。

これは、コースの厳しいボールに対しても拾える範囲が広くなりますね。

こんなに、試合が有利になることはありません。


では、どのようにして柔軟な体を作れば良いのでしょうか?

一般的には柔軟体操がありますが、その柔軟体操は本当に正しいものですか?

ストレッチをするにしても正しい方法でしなくては、
体を壊してしまう原因となってしまいます。

そこで、体験者の90%が効果を実感した驚きのストレッチ方があります。


これは、一般の方だけでなく、アスリートやダンサー、格闘家
オリンピック強化選手までもが実践する究極のストレッチです。

生まれつき体が硬いからと諦めていた方でも
その日のうちに効果を感じられることでしょう。

たった3分で立った状態で手のひらが床につけるようになるほどの効果です。


柔軟な体はテニスの上達のみならず、普段の生活でもけがの防止や
関節痛にも効果があります。

安全で楽しいテニスをする為にも柔軟な体は欠かせないものですね。


次回は、よくある疑問「なぜ上達できないのか?」についてお伝えします。



コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。