スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ名 : スポンサー広告 |

練習してもテニスが上達できない理由とは?上達する練習のコツ

テニスが上達しない理由として多く挙げられるのが、
プロの練習を見て同じような練習をすることです。

なぜ、プロと同じ練習をしても効果が出ないのでしょうか?

それは、プロと私たちの体のつくりが違うからです。

プロの練習量をご存知ですか?

史上最強と言われるロジャー・フェデラー選手でさえ、
毎日5時間も練習するそうです。

一般の人が、学校や仕事が終わった後毎日5時間も練習ができるでしょうか?

そんなことをしていたら、体が持ちませんね。

また、プロは基本がしっかりと出来ているからこそ応用した練習が可能です。

基本が出来ていないのにも関わらず
技術ばかりを磨こうとする事がいけないのです。

しかし、基礎ばかりの練習でもいけません。

基礎ばかりですと、試合でとっさの判断ができなくなりますし、
ボールの軌道も単調になってしまいます。


練習をするにしても、どのように練習していいのかわかりませんよね。

しかし、コツさえわかれば誰でも公式試合で勝てるレベルまで
上達することが出来るのです。


無駄な事は覚える必要はないのです。

毎日練習出来れば別ですが、一週間に1~2回の練習で教えてもらった
全ての事を実践できますか?

厳選した重要な事さえわかっていれば後は必要ありません。

自分に合ったスキルを身につけることが重要となります。


では次回も、上達できない理由について答えてきます。




コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。